木の章
         木の章


 私たち「土佐派の家」は頑固に伝統木構造(伝統的軸組構法)の家をつくり続けています。この構法は昭和25年まで広く用いられてきた日本の伝統的な木造架構技術で、通貫(とおしぬき)を中心に柱を貫通する水平材を多用して柱を主構造に活かし、架構そのものを意匠化して、いわば木で籠を編んだような構造にしています。

 そのため大きな地震力がかかっても“柳に風”と受け流す柔軟性をもっており、きわめて安全性が高く、高耐久性をもっているのです。おまけに解体・移築が可能で、いくらでも永く使えます。伝統的軸組構法は、世界に誇れる日本の建築システムと言えるのです。

 一方、これと混同されやすいのが在来軸組工法(通称は在来工法)です。これは住宅金融公庫が融資基準を決める必要からつくられた戦後工法で、大量生産型工法ともいえます。筋交と金物を多用し、架構を天井や壁ですべて隠してしまう方法で、現在多くの木造住宅に用いられています。

 この工法は一見安全そうに見えますが、剛構造のため粘りがなく、予想を超える大きな地震が襲った場合に筋交と金物が真っ先に吹っ飛び、次の瞬間に建物が一瞬にして倒壊、住民が圧死してしまうという危険性があります。阪神・淡路大震災で倒壊した住宅のほとんどは戦後の在来工法で建てたものでした。

 省力化、工期短縮、コストダウンの名の下につくられる在来工法は確かに強度計算しやすいかもしれませんが、何世代にもわたって住み続けられる強靭な伝統的軸組構法とくらべ、明らかに見劣りのする脆弱な工法なのです。すぐれた大工の技によって組まれた伝統的軸組構法の家は、時が経てば経つほど味わいを増す優雅さを備えており、住む人の心を豊かにしてくれます。日本の風土に根ざした本物の家づくりとは、そういうものなのです。
内観写真
ボタン
ボタン
ボタン
ボタン
内観写真
内観写真


- (4)
背景写真
土佐派の家
土佐派の家