「土佐派の家」認定制度について

 「土佐派の家」の理念に賛同し、積極的にその手法を継承していきたいと考える設計者はふるって応募ください。なお、「土佐派の家」(商標登録 第4030708号)の称号を使用できるのは認定を受けた建築物に限定されており、認定を受けないで「土佐派の家」を自称することは禁じられています。詳しくは土佐派の家認定評議会規則をご参照下さい。

土佐派の家認定評議会規則

土佐派の家
― 認定までの流れ ―
トップページへ

 土佐派の家委員会では、土佐派の家認定評議会規則に従い、「土佐派の家」認定制度を設けています。「土佐派の家」の理念や約束事にきちんと添った建築物かどうかを審査・認定することで、県内の建築物の品質の確保と地域の建築文化の創造・発展に寄与するためです。

 1.応 募  公募は年4回ほど行う予定で、日程などの詳細は(社)高知県建築設計監理協会ホームページでお知らせします。必要書類を所定の期日までに下記事務局に提出してください。
【応募先】
(社)高知県建築設計監理協会事務局
 〒780-0084 高知市南御座16-23 エコアス馬路村内
 TEL:088-885-6350 FAX:088-885-6351

2.審 査 応募者は作品説明(プレゼンテーション)を行い、質疑応答を経て審査が行われます。審査は土佐派の家委員会の委員長経験者により組織された認定評議会が行います。
3.認定と登録 審査の結果「土佐派の家」として認定された建築の設計者(申請者)には認定証を交付するとともに当該建築を認定建築として登録し、ホームページ上で公開します。
矢印
矢印