高知県建築文化賞※応募申込書(表紙)は、Excel×2タイプとPDFの3種類をご用意しましたので、汎用性のあるものをダウンロードしてご利用願います。





◆ごあいさつ

 私たちをとりまく社会は、それぞれの分野でそれぞれの課題を抱えながら絶えまなく変化しています。
 (社)高知県建築設計監理協会はその変化・激動する社会の中で、人類の優れた遺産を継承しつつ、新しい文化を創造し発展させてゆく大切な役割を持ち、単なる技術の所産ではなく、建築とその環境にかかわるすべての人びとの共感と理解に支えられ、その役割を果たしていかなければならないと考え、未来に続く建築家の発掘・検証・表現の場として、五つのカテゴリー「[1]設計の論理性[2]地域環境への適合性[3]造形[4]オリジナリティー[5]建築物のライフサイクル」を選考基準に、平成18年度に『(社)高知県建築設計監理協会建築作品賞〈設監選奨〉』を創設して、平成20年度まで三回実施して、それなりの評価と実績を残してきました。 
 これらの趣旨を継承しつつ、より広い領域から、より多くの人々が応募・参加できるよう『(社)高知県建築設計監理協会建築作品賞』を発展的に解消し、平成21年度より新たに『高知県建築文化賞』を創設いたしました。(社)高知県建築設計監理協会を中心とした『高知県建築文化賞実行委員会』を組織し、共催団体である(社)高知県建築士会・(社)日本建築家協会四国支部・(社)日本建築学会四国支部の協力を得ながら、この顕彰制度が、高知県の建築文化の発展に寄与できるよう努めてまいりたいと考えております。

●主 催/高知県建築文化賞実行委員会
●共 催/(社)高知県建築設計監理協会、(社)高知県建築士会、(社)日本建築家協会四国支部、(社)日本建築学会四国支部
●協 賛/愛知県陶器瓦工業組合、淡路瓦工業組合、石州瓦工業組合、高知県瓦工事業組合、高知県瓦屋根工業組合
●後 援/高知県、高知市、高知県教育委員会、高知市教育委員会、(社)高知県建築士事務所協会、(社)高知県建設業協会建築部会、
     高知新聞社、NHK高知放送局、RKC高知放送、KUTVテレビ高知、KSSさんさんテレビ、エフエム高知、(株)建通新聞社高知支局、
     高知工科大学、高知女子大学、高知工業高等専門学校、国際デザイン・ビューティカレッジ、森の情報館・エコアス馬路村、木と人・出会い館

建築作品応募要項

■選考内容
「高知県建築文化賞」に選出される作品は下記の諸点において高い水準をもつ作品であること。あるいは、個別項目において際立って優れた部分のある作品であること。

〈1〉計画、構造、環境・設備および材料・工法技術に関する 設計の論理性。
〈2〉社会性、歴史性、文化性から見た地域環境への適合性。
〈3〉外部空間、内部空間の両面における造形。
〈4〉設計全般にわたってのオリジナリティ−。
〈5〉地球環境保全に対する配慮および建築物のライフサイ クルに対する取り組み。

■応募対象
平成22年7月末までに竣工した建築作品(過去3年間にさかのぼり対象とする)で、建築場所が高知県内であること。建築規模・用途は問わない。

※過去に高知県建築設計監理協会作品賞または高知建築文化賞で作品選奨以上の賞に選ばれた作品においては対象外とする。

■応募資格
対象建築物の建築主・設計者・施工者であれば誰でも応募可。

■応募件数
複数点の応募可(制限なし)

■応募料
無料

■応募期間
平成22年8月1日(日)〜8月31日(火)

■応募提出資料
予備(書類)審査用として、以下の3点(〈1〉〜〈3〉)を応募期日までに本実行委員会に提出のこと。 

〈1〉「建築作品応募申込書」は、高知県建築設計監理協会 ホームページバナー〈高知県建築文化賞係〉からダウンロードのこと。
〈2〉A3判(ヨコ仕様)5mm厚のスチレン又はCPボ−ド×1枚に、設計主旨・図面・写真等の内容を適宜まとめて記載。
〈3〉完了検査済証の写し又はそれに準ずるものを添付のこと。

※注1/「予備審査」通過の方は、一次審査で行うプレゼンテーション(各自5分程度)用のデータ(Power Point、フォント等に制限あり)が必要。
※注2/「一次審査」通過の方は、選考委員による現地審査を翌日行うので、事前に建築主の了解を得ておくこと。(建物内に入る内部審査あり)
※注3/入賞された方は、受賞作品展や広報活動等のため、追加資料の提出が必要。

■受賞作品数
〈建築主・設計者・施工者の各々に表彰状を授与。〉

◎最優秀賞(高知県知事賞)×1点…賞状、副賞(3万円)
◎木造文化賞×1点 …………………賞状、副賞(3万円)
◎土佐甍(いらか)賞×1点…………賞状、副賞(3万円)
◎優秀賞×3〜5点 …………………賞状、記念品

■著作権及び応募書類について
〈1〉雑誌等に掲載する場合は、著作権は応募者に帰属し、本実行委員会は編集出版権をもつ。
〈2〉複写権、翻訳権を本実行委員会に委託するものとする。
〈3〉受賞作品を共催団体運営のホームページにて公開できる。
〈4〉著作権の侵害等の問題は、応募者がすべて責任を負う。
〈5〉応募書類の返却はしない。

■備考
〈1〉一次審査を通過した作品は、選考委員による厳正な二次(現地)審査を行う。(追加資料の提出が必要となる場合あり)
〈2〉本賞に選ばれた高知県知事賞作品は、本実行委員会より日本建築学会「作品選集」に推薦する。(応募料は本実行委員会が負担)



Works Schedule


●予備(書類)審査・公開※入場無料
 ☆日 時 : 平成22年10月1日(金) 10:00〜12:00
 ☆会 場 : 自由民権記念館・第一研修室

●一次審査(プレゼンテーション)・公開※入場無料
 ☆日 時 : 平成22年10月1日(金) 13:00〜16:00
 ☆会 場 : 自由民権記念館・民権ホール

●二次審査(選考委員による現地審査)
 ☆日 時 : 平成22年10月2日(土)

●表彰式
●記念フォーラム(パネルディスカッション・基調講演)※入場無料

 ☆日 時 : 平成22年11月6日(土) 13:00〜17:30
 ☆会 場 : ホテル日航高知 旭ロイヤル・5Fウォーターホール

●受賞作品展〈入場無料〉
 ☆日 時 : 平成22年11月11日(木)〜16日(火)
 ☆会 場 : 森の情報館・エコアス馬路村



〈Black〉